INTERVIEW 07

互いがサポートしあう企業文化。
仲間と共に働く喜びがあります。

玉井 いつも
スタッフ職 営業推進本部 サービス推進部
2011年入社

出産を期に考えた自身のキャリア

前職では、業務システム活用支援をする企業でショールーム管理の仕事をしていました。出産のタイミングで退職し、仕事復帰を考えていた際に出会ったのがKDDI まとめてオフィス。前職での経験が活かせると思ったこと、また、会社が立ち上げの時期だったため、立ち上げ期ならではの貴重な経験ができるのではないかと思い、入社を決めました。

このエピソードに共感したらクリック!

現在を良くする仕事と
未来を切り拓く仕事

現在は営業促進本部に所属し、主にMicrosoftやGoogleといったSaaS系クラウドサービスの全国推進を担当しています。業務と並行して関わっているのが「みらいビジョン」という社内プロジェクト。当社の事業や仕事の意義を社員一人ひとりがジブンゴトとして捉え、会社の未来を自分たちで切り拓くためのプロジェクトに参加しています。創立5周年のイベントで行われた社内プレゼン大会「みらいスケッチ」にも、関わらせていただきました。効率的で生産性の高いビジネススタイルを考える業務と、会社の将来像を考える取り組みの両方を担い、充実した日々を過ごしています。

このエピソードに共感したらクリック!

「子を持つ女性が本当に働きやすい職場」が、
ここにある

KDDI まとめてオフィスは、育児休暇や産休制度がしっかりと用意されていますが、出産後に入社した私にとっても、すごく働きやすい環境です。子育て中は予期せぬトラブルも多いですが、周りの社員みんながさりげなく配慮し、サポートをしてくれます。この心地よい風土が創られた理由は、KDDIフィロソフィが大きく影響していると思います。『ダイバーシティが基本』という行動規範は、前職での経験が多様な人たちばかりのKDDI まとめてオフィスにおいて、お互いが持つ違う価値観を認め合う文化を自然に醸成していると思います。『利多の心で考える』は私が好きな言葉で、営業職でも、私のようなスタッフ職であっても、お互いの利益を考えながら、支え合う仲間と一緒に仕事ができることが、何よりの魅力です。

このエピソードに共感したらクリック!

KDDI まとめてオフィスならではの、
より良い未来を目指して

クラウドサービスの全国推進を担当する者として、KDDI まとめてオフィスのクラウドサービスの価値を一層高めていくことが目標です。私個人の目標としては、お客さまに提案している働き方を自社でもさらに体現し、未来に向けてのより良い働き方を実現していきたいです。そのためには、クラウドというサービス単位で考えるのではなく、文化や環境といったソフト面もトータルで連動するべきだと考えます。KDDI まとめてオフィスには、それを可能にする地盤がある。情報収集をしながら、いろいろな可能性を探っていきます。

このエピソードに共感したらクリック!

INTERVIEW 08

まだまだ自分の可能性を試したい。
会社と一緒に伸びていくイメージです。

大川 恵美

SE職 プロジェクト営業本部 営業支援センター
2017年入社

詳しく見る

NEXT

RECOMMENDED CONTENTS

よくあるご質問