PROJECT STORY 04

お客さま自身が見えずにいた答えを共に手探りで考えて形に。

オフィス移転の代わりに、共有スペースの大規模なリニューアルをご依頼いただいた案件。
さまざまな制約がある中での、「従業員満足度」の向上を目指した刷新案とは。

オフィス移転の代わりに、共有スペースの大規模なリニューアルをご依頼いただいた案件。 さまざまな制約がある中での、「従業員満足度」の向上を目指した刷新案とは。

PROJECT MEMBER

  • 古木 大樹

    2010年中途入社
    チームリーダー:新宿本社
    営業本部 法人営業1部

    会議室などの共有空間だけのリニューアルながら投資規模の大きな案件でした。スピード感の大切さと 必要に応じた臨機応変な対応の重要性を感じました。

  • 楢木 秀幸

    2013年中途入社
    セールスエンジニア:新宿本社
    プロジェクト営業本部 営業支援センター

    この案件では非常にスピード感が求められました。常に、柔軟に、その場その場に応じた対応をしていくことを学びました。

指名での案件獲得。
その驚きの要望とは

このプロジェクトは、300人規模の企業のオフィスリニューアル案件でした。人員増によってオフィスが手狭になり、引越しを検討したものの適切な物件の空きがなかったことから決断されたリニューアル。執務スペースには変更を加えず、会議室などの共有スペースのみをリニューアルして、従業員の満足度をあげたいとのご依頼でした。「共有空間だけという規模に対して、投資が大きいのではないか」このプロジェクトを担当した営業の古木とSE(セールスエンジニア)の楢木は、当初の印象をこう話します。クライアント側の担当者さまは、以前別の会社でKDDI まとめてオフィスのサービスをご利用いただいたことがあり、当時の担当であった古木に声をかけてくださったとのこと。KDDI まとめてオフィスの幅広い業務内容をご存じの上での、指名受注です。この期待に応えるべく、古木と楢木の挑戦は始まりました。

このエピソードに共感したらクリック!

抽象度の高い要望を、
どう現実に落とし込むか

「従業員の満足度をあげる」この要望に対して、どのように具体的な施策に落とし込んでいくかが、まずはじめの問題でした。「おしゃれにしたい」という抽象度の高い要望と、「看板をデジタルサイネージにしたい」という細かな希望が混沌としている状態。正直、ゴールは明確ではありませんでした。古木はまず、技術担当の楢木と共に、プロジェクトの進め方を考えるところからスタートします。KDDI まとめてオフィスがリニューアルをご一緒する理由は、お客さまに本業に集中していただける環境を創るため。「漠然としたイメージのまま通常通りに進めていたら、お客さまにお手間を取らせてしまう」そう感じた古木は、数ある中から什器メーカーを大手一社に絞り、この手探りの提案を一緒に考えてもらうことにしました。会議室4つとブースが1つの共有空間。限られた空間のため、「ひとつの什器で複数の用途に対応できるようにしたい」とのご希望が出た際には、全体イメージをゼロに戻してスペースの利用目的の整理から考え始めました。「社内の打ち合わせ・来客者対応・さらには業務終了後の歓談の場としても使える、そんな空間を創る」お客さまの希望を什器メーカーに伝え、図案を起こしてもらい、またお客さまに提案する。双方の潤滑油となり、少しずつ要望を目に見える形にしていきました。

このエピソードに共感したらクリック!

課題に次ぐ課題を乗り越えて

図案の形でお客さまに提案をすることで、「ここは良い。だが、こっちは違う」と、少しずつ輪郭が見えてきました。月2~3回の通常の打ち合わせに加え、調査のための訪問も重なり、通常のリニューアル案件よりも遥かに多い訪問回数。さらには電話やメールでの連絡も欠かさず、受注から着工までほぼ1年間、密なやりとりを重ねながら少しずつ進めていきました。比較的小さなスペースに多額の投資をするため、決定は慎重に行われます。その決定を後押しできる根拠を持つこと、そして提案の都度生まれる新たな要望に対して、迅速な対応に専念しました。諦めることなく、何度も修正案を出し直し、最終的に了承が得られた時。古木・楢木どちらとも、感無量だったと言います。大変だと感じる場面も多々ありますが、法人営業として規模の大きなプロジェクトを任されること、そしてそれをやりとげた時の満足感は、何にも変えられません。

このエピソードに共感したらクリック!

KDDI まとめてオフィスだから
鍛えられるスキルとは

KDDI まとめてオフィスでは、さまざまなクライアントさんの要望を「まとめて」解決するため、プロジェクトごとの進め方には柔軟性が必要です。「営業」と一言で言っても、競合案件かご指名の案件か、常日頃のお付き合いの中でいただいた新規案件なのか、それによって戦略も大きく異なります。企業規模が大きい場合、上席がなかなか出てこないことも多く、決断スピードが遅くなるといった難しい点もあります。今回は指名案件ということもあり、そのような苦労はありませんでしが、より新たな要望に対しての柔軟な対応は求められました。「この案件を通じて得た経験や知識の一つひとつが、さらなる自分の成長と自信につながる」このポジティブな向上心を持つことが、KDDIで仕事をする上でとても大事なことです。通信以外の多岐に渡る商材まで「まとめて」提案できるKDDI まとめてオフィスならではの醍醐味。スピード感や臨機応変な対応。新たな学びを糧に、次の挑戦へと向かいます。

このエピソードに共感したらクリック!

PROJECT STORY 01

最先端技術で、集客と成約率アップ支援

不動産会社の新規店舗の目玉は、最新技術を搭載した住宅などの内覧サービス。 短納期にも力を合わせて取り組み、店舗への集客と高い成約率を実現した。

詳しく見る

NEXT

RECOMMENDED CONTENTS

メンバーインタビュー