言われたことをするだけじゃない。
お客さまの事業成長のパートナーになる。

板垣 夏美
営業職 2018年入社

社会人としてのスキルを磨くために

前職では、旅行業を中心に広告物の制作やイベントの企画・運営を行う会社の法人営業に1年ほど携わりました。仕事内容はとても楽しかったものの、不規則な勤務形態になりがちな仕事内容だったので、働き方を見直すことが転職を考えたきっかけ。実は営業を続けるかどうかも悩みましたが、改めて転職で実現したいことを考え、社会人としてスキルアップするために、さまざまな人と関わって仕事を進めていく営業としてもう一度頑張ることにしました。転職活動のなかでKDDI まとめてオフィスのことを知りましたが、研修がしっかりしていること、中途入社者が多く前職のキャリアが幅広いこと、同世代の方も多いとのことで、馴染みやすそうと感じたことを覚えています。

営業手法は十人十色、まずは知識で土台を固める

入社してまず驚いたのが社内の活気です。積極的にコミュニケーションをとっていて、バイタリティ溢れる社員がたくさんいました。平均年齢が若いことも要因のひとつかもしれませんが、各々が一生懸命仕事に向き合っていることが伝わってきました。

営業経験はあったとはいえIT・通信業界での仕事は初めてだったこともあり、携帯電話の契約・処理の複雑な知識を身につけていくのは正直、大変でした。しかし、これらの知識はKDDI まとめてオフィスの一員として、お客さまの事業を支えるための提案には不可欠なもの。やってみるしかないという気持ちで、他の人のやり方を参考にして、さまざまな営業手法を実際の案件の中で覚え、ひとつずつ地道に、丁寧に自分のものにしていきました。ケースバイケースのことも多く、研修で学んだことをベースに、現場での経験値を積んでいきました。

お客さまにとって、なくてはならない存在になりたい

入社時はまだ社会人2年目だったこともあり、営業についての理解がまだまだだったと思います。当時の目標は「ひとりで自立して営業ができるようになること」でした。最初はなかなか結果を出せず悔しい日々を過ごしましたが、「成果をあげたい!」ともがく中で、売上を積み上げていく考え方など、営業の基礎的な部分をたくさん学ぶことができました。今は売上目標の達成は前提として、名刺の裏に書いてある「あなたの会社の○○担当になります。」という言葉を実現するために、日々努力しています。お客さまから言われたことをするだけではなく、未来を見据えた提案をして、KDDI まとめてオフィスがなくてはならない存在になるような仕事をしたいと思います。

お客さまの事業成長のパートナーになる

入社3年目に入り、自分が後輩にアドバイスするような場面も増えてきました。後輩へのアドバイスに説得性を持たせるためにも、自ら売上目標を達成し続けようと思っています。また、取り扱い商材が多いため、まだまだ知らないことも多いのですが、お客さまや後輩からの疑問に答えられるように、常に勉強して商材知識をもっとつけていきたいです。

転職前は続けようか悩んでいた営業ですが、これまでの経験の中で「営業はいろいろな人と関わることで成長できる仕事」だと感じるようになりました。案件発掘からヒアリング、納品まで自分が中心になって物事を動かしていく営業の醍醐味も、日々の業務の中で実感しています。一度きりのお取引ではなく、ともに事業を進めていくパートナーとしてお客さまにもっと信頼していただけるよう邁進していきます。

NEXT

OTHER INTERVIEWS

他の社員のインタビューもチェック

RECOMMENDED CONTENTS

よくあるご質問