お客さまのビジネスに貢献する。
目指すは市場が求めるセールスエンジニアの育成

坂井 亮太
セールスエンジニア職 2016年入社

自ら価値を提供できる仕事を目指して

前職は外資系ネットワーク機器メーカーでテクニカルサポート担当として勤務。設置した機器の数値やエラーなどの精査、障害に対する調査や復旧作業を行っていました。この仕事は、サービス全体の円滑な運用において重要であることは間違いありません。しかし、日々発生したトラブルへの対応を繰り返すうちに、もっと自ら価値を生み出すような仕事があるのではないかと感じるようになりました。

自身の知識と経験を活かして、お客さまに価値を提供したい。そうした想いを持ちながら仕事を探していたところ、KDDI まとめてオフィスの存在を知りました。オフィスのお悩み事に対し、直接お客さまに解決策を提案できるセールスエンジニアという仕事は、私の目には大変魅力的に映りました。エンジニアとしてのキャリアを活かし、自ら価値を提供できるのはここしかない。そう確信した私は、迷わず入社を決意しました。

ひとりではない。チームで課題を解決するやりがい

入社後は、希望通りセールスエンジニアとして働き始めました。営業担当者と一緒にお客さまの話を伺い、要望から課題を洗い出し、KDDI まとめてオフィスが持つ技術とサービスで解決に導く仕事です。この仕事は他の部署からの依頼や上司から与えられた指示通りに対応するだけでは成り立たず、お客さまとの会話の中から課題を発見していかなければなりません。決して簡単な仕事ではありませんが、それだけに試行錯誤を通じてお客さまへ価値を提供できる日々に、大きなやりがいを感じています。

一方で、全ての課題をひとりで解決できるとは限りません。「エンジニア」という肩書きを持つと、技術に関することならなんでも対応できると思われがちですが、実際にはネットワークやサーバー、音声、クラウド、モバイルなど、専門分野はさまざまです。今のチームには多様なメンバーが在籍しているため、自分の専門分野では解決できない担当案件に対しても、協力しながらよりよいソリューションを提案しています。

このようにチームとしてあらゆる角度からサポートできる体制は、お客さまの課題解決に真摯に向き合っていきたい私にとって理想の環境であり、KDDI まとめてオフィスがもつ他社にはない強みでもあると感じています。

目指すは市場が求める理想のセールスエンジニア育成

近年、社会の激しい変化に対応するため、ビジネス課題にさまざまなITや通信技術を掛け合わせることが多くの企業で求められています。今後、セールスエンジニアとして価値を提供し続けていくには、チームとしての連携だけでなく、それぞれのエンジニアが自身の専門分野以外の知識も広げ、包括的な視点を持ってお客さまに向き合うことが必要であると、私は考えます。チームをまとめるグループリーダーになってからはそのような人材の育成に注力しています。

勉強会の実施や案件の相談を目的としたチャットルームの開設など、同じ役割を持つもの同士の繋がりを生む機会を設けるだけでなく、最近では新たに相談役というポジションを設け、チーム内の情報交流を活発化する試みを行いました。相談役は担当案件を持たない代わりに、各案件を横断してサポートする役割です。質問する側は足りない知識を補えますし、相談役はサポート活動を通じて多くの経験を得られます。経験が集約される相談役こそ、包括的な視点を持つセールスエンジニアチームをつくる第一歩になると考えています。

豊富な知識でお客さまのビジネスに貢献する集団を作り上げる

KDDI まとめてオフィスではエンジニアを領域ごとに細分化するのではなくひとつのチームとして活動しています。ひとつの役割に縛られることなく、専門分野を自由に横断できる多様性のあるキャリア設計が可能であり、働き方もスペシャリスト、ゼネラリスト、マネージャーなど、それぞれの志向に応えることができます。過去には入社から4年でグループリーダーになった者もいます。

このエンジニアとしてのキャリアの多様さも魅力のひとつであり、変化する市場で価値を提供できる人材を育てられる土壌でもあると考えます。「KDDI まとめてオフィスのセールスエンジニアに相談してよかった」と心から思っていただけるよう、これからもお客さまのビジネスに貢献する集団を作り上げていきたいと思います。

NEXT

OTHER INTERVIEWS

他の社員のインタビューもチェック

RECOMMENDED CONTENTS

よくあるご質問